美顔になろう!

昔から女性は、男性に比べて身嗜みに気をつかっています。
髪型や服装は勿論のこと、お化粧にも気を遣いますが、化粧ノリをよくする方法の1つとして、「顔脱毛」があります。
顔脱毛は、化粧ノリが良くなるだけでなく、顔のトーンが明るくなったりするので、行う方が増えています。

顔脱毛の方法は?

顔脱毛として、1番手軽なものが自己処理ですが、自己処理の代表格が剃刀やシェーバーですが、どちらも刀なので、脱毛するだけでなく、肌も傷つけキメが乱れてしまう場合があるので、注意が必要です。
自己処理を行う際は、他にも脱毛クリームやワックスもありますが1番オススメなのは、家庭用脱毛器があります。

他の方法としては、理容店での施術です。
理容店は1番身近な存在であり、理容師は剃刀に関してのスペシャリストですので、綺麗に処理ができますし、近年、レディスプランを用意するお店も増えてきました。
また、増えてきたといえば、エステサロンや美容外科での施術です。光を当てて、行うので他の方法に比べて確実に処理が出来ます。

エステサロンや美容外科での顔脱毛後、赤みが出たけど、対処法は?

最近では、エステサロンや美容外科で顔脱毛を行う方が増えてきました。
一般的には、光脱毛で施術する所が多く、確実に脱毛処理が出来ます。
その一方で、顔は赤みが出やすい部位ですので、注意が必要です。

少しの赤みは誰しも出るそうで、長くても1週間ほどで消えるそうですが、酷い赤みの場合は、冷やしたタオルを当てて緩和する必要があります。

また、痛みを伴う赤みの場合は、光を浴び過ぎたせいでの、皮膚の痛みですから、施術した美容外科や
エステサロンに連絡し、相談する必要があります。大抵の美容外科やエステサロンは、保証制度もしっかりしていますから、契約時に確認する事が必要です。

また、光脱毛後は、紫外線を避ける必要があり、紫外線予防のために、クリームや乳液を塗布したり帽子を被り、なるだけ紫外線を浴びないように対処が必要があります。
そうした事を考えると、夏の顔脱毛は避けた方が良さそうです。

赤みが少ないハイパースキン法とは?

従来、光脱毛が主流でしたが、近年ハイパースキン法を導入する所も増えてきました。
ハイパースキン法は、特殊な光を用いて処理をし、従来の方法に比べて痛みも少なく、敏感肌やニキビがある方でも施術可能な方法です。
まだ、ハイパースキン法を用いてる所は少ないですが、不安であれば、ハイパースキン法を導入しているエステサロンや美容外科での施術をオススメします。