ムダ毛を出来るだけきれいに処理しておきたいのが女性の願いです。
だからこそ、脱毛サロンに通う人もいれば、自宅に脱毛器を購入して脱毛を行う人など様々な方法でムダ毛を処理しようとしています。
腕や足など見えやすい部分から、夏は絶対処理しておきたい脇など、ムダ毛を処理する部分も様々あります。
プロがいる脱毛サロンに頼めば、どんな部分もきれいに処理してくれますが費用や時間を考えると全部お願いするのは難しい。
そんな時は自分で処理することになりますが、処理する部位によって最適な処理の仕方は異なってきます。

今回は自己処理でも結構悩む顔の処理方法についてご紹介していきます。
自分でムダ毛処理をする際に使用できるものが、カミソリ・毛抜き・電気シェーバー・電気式の脱毛器・脱毛クリームがあります。
まずはどの処理グッズを選ぶかが重要です。
脱毛クリームやジェルの類は肌への刺激が非常に強いので、皮膚が薄く敏感な顔にはむきません。
電気式の脱毛器は、太い毛には効果が高いですが顔のような産毛の処理にはあまり適していません。
毛抜きも同様で、太い毛は抜きやすいですが顔の産毛を処理するにはかなりの根気が必要になってきますし、きれいには取りきれないので顔の処理には不向きです。
またカミソリは使いやすくて便利で、他のグッズに比べればまだ使えないこともないですが、かみそりだと顔を傷つけてしまう可能性があります。
肌への負担も強いので、どうしてもカミソリを使いたいという場合には、切れ味が良く安全装置がついているものを必ず選ぶようにしましょう。

ということで、処理グッズで一番のおすすめは電気シェーバーということになります。
電気シェーバーは、産毛をしっかりと処理することができますしカミソリのように肌を傷つけてしまう心配もほぼありません。
誰でも簡単に出来るという点ではかなり優れた処理グッズです。
ですが、電気シェーバーも肌は傷つけずとも肌へ負担は与えています。
毛を剃るのと同時に肌も削り取っているのですから当然ですよね。
なので、必ず正しい方法で処理を行うようにしましょう。
シェーバーは清潔に保ったものを使い、処理の前と後で必ず肌を保湿するということを忘れないようにしましょう。
シェービングクリームを使用してもいいですが、その場合電気シェーバーが使えない場合もあるので、シェービングクリームでなくても顔がすべりやすいように保湿をしっかりと行います。
水分量が高い状態で処理をすれば、顔への負担も少なくて済みます。
また、肌を削り取ったあとは水分が抜けやすい状態になっています。
なので、処理後にもしっかりと水分を補給してあげることで、肌に与えた負担を軽減することができるのです。
頻度も1週間に1度など毎日行わなければ、負担も減らすことができるので行う頻度にも気を付けましょう。

最適なグッズと処理方法で、きれいな顔を目指してくださいね。